現在の閲覧者数: 『散歩する侵略者』11・7マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『散歩する侵略者』11・7マチネ

『散歩する侵略者』11・7マチネ

@シアタートラム
11773.jpg


本日カメラ撮りらしく
張り紙ありでした。
DVD発売してくれるのね?(笑)

11772.jpg


海岸線に見立てたらしい高い位置から
坂のような斜面が 客席に向かって来る。

真治が一人立っている。
散歩していると言うのだが
足から血を流していて
問いかけへの答えも
どこか おかしくて・・
病院に収容される。

事情を聴いても 要領を得ず
今までの彼とは まるで別人だ。
妻の鳴海は 別居状態だったが
この事件で戸惑いながらも
夫の世話をするようになる。
真治は、会社へも行かず
散歩には毎日出かけて行く。
なんのために?

鳴海の実家を訪ねた際
話題に上がった
街で起こった殺人事件

UFOと見間違える
ミサイルの飛来と
かなりヤバイ状況が
舞台で語られる。

病院 真治の家
鳴海の実家
椅子の使い方で
鳴海の実家になったり
病院になったり

真治たちが訪ねた日から
鳴海の姉・明日美の様子が
おかしくなってゆく。


出演者
加瀬鳴海(真治の妻)・・・・・・内田 慈
加瀬真治(鳴海の夫)・・・・・浜田信也
桜井・・・・・・・・・・・・・・・・・・安井順平
(記者、元警察官で船越浩紀の後輩)
船越明日美(鳴海の姉)・・・・・松岡依都美
船越浩紀・・・・・・・・・・・・・・・・板垣雄亮
(明日美の婿、警察官)
丸尾(フリーター)・・・・・・・・・・森下 創
長谷部(丸尾の友達)・・・・・・・栩原楽人
天野光夫(中学生)・・・・・・・・大窪人衛
立花あきら(看護学生)・・・・・・天野はな 
車田(医師)・・・・・・・・・・・・・・・盛 隆二
(敬称略)

子供のように 質問責め
人の感情についてや
ありとあらゆる概念について
聞いて理解しようと
してるようだが・・・
聞くだけでなく 奪う事も
出来てしまうと言う。

丸尾からは所有という概念を
奪ってしまう真治。

イキウメさんらしい世界。
会話がもうね。(笑)

天野・・・・・・・・怖いわ~。
感情の欠如したドライな
何をやるかわからない感じ。

鳴海の愛の概念を
奪った真治は、
さぁ どうなったのか?

ちょっと先を考えてみたくなる
ラストなのでしたが
こちらの公演 プログラムはなかったので
上演台本(2011年上演版)
を買ってしまいました。

公演を思い返しながら
読んでみよう。








関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可