現在の閲覧者数: 『きらめく星座』11・20マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『きらめく星座』11・20マチネ

『きらめく星座』11・20マチネ


@紀伊国屋サザンシアター
TAKASHIMAYA
『きらめく星座』チラシ表-thumb-262xauto-448


時は昭和15年 浅草
オデオン堂レコード店

ロマンチックなタイトルから
想像もつかない
小笠原家の茶の間
卓袱台があり 大きな蓄音機

防毒マスク姿
空襲警報のサイレン
物騒な世間
ここから物語が始まる

音楽を愛し 歌の溢れる
レコード店

長男 正一は軍隊入隊
体を鍛え 国のために頑張ると
言っていたが・・
突然の脱走

非国民の家と陰口を
聞かれるあり様

憲兵も 正一を追って
取り調べに来るが
隙を見て泥棒のような姿で
2階から忍びこんで
来たのは この家の長男
正一

家族に無事な姿をみせ
安心させては
風のように 消えていった。

正一を追って現れた
憲兵伍長 権藤が
この家に 見張りと称して
間借りしちゃったり。

決して暗くないのが救いだ。
明るく前向きなのが 後妻ふじ

冷静な目で 世の中を
見る力のある武田
源次郎の次郎を論破・・・・。

お国の為と
思想が凝り固まった
源次郎の心も徐々に
解けてゆく。


出演
小笠原信吉 ・・・・・・久保酎吉 
後妻ふじ・・・・・・・・・秋山菜津子 
長男 正一・・・・・・・・・田代万里生
長女みさを・・・・・・・・深谷美歩
その夫 源次郎・・・・・山西惇 
武田慶介・・・・・・・・・木場勝己

憲兵伍長 権藤三郎・・木村靖司 
森本忠夫・・・・・・・・・・後藤浩明 


防共護国団団員 甲/
電報配達の若者・・・・・・阿岐之将一

防共護国団団員 乙/
魚屋の店員・・・・・・・・・・岩男海史 
  (敬称略)

軍事下 庶民一家
オデオン堂 小笠原家には
音楽が溢れ
なにかと言うと歌う(笑)

正一役 万里生ッちも
歌うけど‥機械を取り外した
大きな蓄音機に隠れて歌う
レコードが・・・かかってるって
そりゃ無理があるよ(笑)
しかも 針が外れたように
途中でうかが止まるし‥(爆)
ひょいひょい覗いて
顔だけ見える 。

憲兵さんとダンスっぽい
動きをしながら歌うし。
漫画ぁ??(笑)

百面相、表情が
クルクル変り 動きも敏捷。

メイクも凝ってて
見どころかもね。


顔に泥を塗ったようなシーン
スーツで決めたと思ったら
京劇メイクのように
目元に赤いライン。
白もあったか?

山笠を被ったり

ご主人 好人物!
友人の武田
時代にあぶれた実力者って
感じかな?
やあたら星に詳しい人(笑)

脱走兵の正一は
憲兵の目を掻い潜って
生き抜いているが
社会の不条理に
傷ついていた。

劇中 宮沢賢治の
星巡りの歌が使われる

この曲 最近 どこかで聞いたゾ
思い出した
キャラメルボックスの公演
『ケンジ先生』だ。
美しいメロディだ。



レコード店オデオン堂
結局 お店は廃業
家は 軍に没収され
家族は別の地で 新生活を始める

武田は満州に
森本は 音楽学校に


ラスト近くに 歌うのは
青空♪


いろいろ 思いが溢れて
泣きながらうたう ふじ

こちらも ジーンと来た。
また 防毒マスクをつけた
皆に当たる照明は、
何を示唆するのだろうか?
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可