現在の閲覧者数: 『24番地の桜の園』11・22マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『24番地の桜の園』11・22マチネ

『24番地の桜の園』11・22マチネ

12151.jpg

@シアターコクーン

出演
ロバーヒン・・・・・・・・・・高橋克典
レオニード・・・・・・・・・・風間杜夫
ペーチャ・・・・・・・・・・・八嶋智人
アーニャ・・・・・・・・・・・松井玲奈
ワーチャ・・・・・・・・・・・美波
エピホードフ/ヒーリン・・大堀こういち
ピーシチク夫人/メルチューチキナ
/エレーナ・・・・・・・・・・・池谷のぶえ
ヤーシャ・・・・・・・・・・・・・尾上寛之
ドウニャーシャ・・・・・・・・・北浦 愛
使用人・・・・・・・・・・・・・・・菅 裕輔
使用人・・・・・・・・・・・・・・・新田祐里子
フェールス/老僕・・・・・・・大森博史
シャルロッタ・・・・・・・・・・・久世星佳
リューバ/タチヤーナ・・・・・小林聡美
(敬称略)



『桜の園』のストーリーに
手を加えて
・・と言うのか?

舞台の上の世界
時代は?
チェーホフの世界は?

理解力不足が祟り
途中から脱落
意識が飛び 気が付いたら
ロバーヒンが 桜の園は俺のものだ~
と叫んでおりました(爆)

2幕では 気づけば
のどかな自然の背景に
生きたヤギが繋がれ
周りに置かれた草を食んでおりました。

劇中劇か フィルムを放映
登場人物がどうやら
スクリーンの周りで 映像の中の
誰かを演じているらしく
映像の人と同じ動きを
したり

いきなり童話の世界か?
ケロケロケロッピ
ぴょんぴょん・・
コンコン ・・
一緒に暮らそう
最後に家をこわしてしまう
動物が出てくる

『桜の園』の比喩なのか
なぜこの場面か?

・・かと思うと皆が肩を組み
行列で歩いて出てきて
幼稚園のお遊戯会のような
被りものつけて踊りのような シーン
皆で勝手に動いてる感じで
動きは美しくない
鳥さんだったり魚もいたか?(笑)
ここのシーン
出演者さん 役を離れ
ロバーヒンじゃないし
ワーニャじゃないし
アーニャでもない

でも いつの間にか
役に戻り 新しい道を求め
桜の園を 去ってゆく

頭の中に クエスチョンマークが
飛び交うまま 終わっちゃった。(爆)

登場人物が 判り難くて
久世さん どこにいたんだろう?(爆)

高橋さん 風間さん
小林さん 池谷さん
八島さんたちは
さすがにすぐわかったけど‥(笑)

美波さんワーニャすら
途中からの認識

まず 舞台上の世界が
不思議過ぎて 無意識に
入って行くのを躊躇したらしい
捻り過ぎな気が しないでも
ないなぁ。

カテコの八嶋さんが

ひとり 両手を広げ
前に出てくる
下がる紗幕を下げる仕草に
笑った~(笑)









関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可