現在の閲覧者数: 『かがみのかなたはたなかのなかに』12・22マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『かがみのかなたはたなかのなかに』12・22マチネ

『かがみのかなたはたなかのなかに』12・22マチネ

連日の 新国立劇場(笑)

今日は 小劇場で
こちらの作品

12915.jpg


長いタイトルの
『かがみのかなたはたなかになかに』
再演です。

出演
たなか・・・・・・・首藤康之
かなた・・・・・・・近藤良平
こいけ・・・・・・・・長塚圭史
けいこ・・・・・・・・松たか子
(敬称略)

いきなり客席通路に現れた
4人の白い軍服姿の兵隊さん

通路をあちこち歩き回る
ところから スタート。

ある部屋が舞台
センターに浮いた窓枠
その向こうには
海が見える。

動きのパフォーマンス

部屋の中で
あちこち動く男。
椅子に座ったり

ワイン?を飲んでみたり
腕立て伏せや
ダンベルを握ったり

途中から 窓の向こう側に
男とシンクロする動きの
もう一人の男
まるで鏡に写ったように
同じ動きをする。
急に 動きをズラしてみたり
休んでみたり (笑)

男は たなか
鏡の向こうの男は かなた
ひっくり返した名前
この辺で台詞
かなたは逆さ言葉だ。

長塚さん演じるこいけ
髪の長い赤いドレスの女性
初演では松さん演じるけいこと同じ
ピンクドレスだったけど
ちょっと変えたのね。

けいこは ピンクのドレスで
可愛い~(笑)

こいけとけいこも
シンクロする動作が多い。

かなたは何者?
たなかの影か
ほんとうにいるのか
空想の人物か?

鏡のむこうの世界
けいこが現れる

たなかはけいこに恋をする

あちらとこちらの世界を
行ったり来たりの
たなか と かなた
こいけ と けいこ

4人のお話だけど
明らかに現実ではない
けど 空想の世界でも
なさそう。

どう捉えたらいいのか、
よくわかんない
途中から一部の記憶も
自信なし(爆)
舞台の上とおなじく
あちらの世界に
行ったのかも(笑)

休憩なしの2時間弱の
作品で 前方には
お子様エリアも用意されてる作品です。
童話のような面もあるので
お子様に見ていただきたいらしい。

そのせいか 今日の小劇場
決して多くはない客席に
学生団体さんが入ってた。
大人数ではなかったから
学校全体とかではなさそうだけど

この演目を チョイスした方
凄いんじゃない?


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可