fc2ブログ
現在の閲覧者数:

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。
 

『トリスケリオンの靴音』4・6マチネ

@赤坂REDシアター

小さな劇場 チケットが取れなくては
大変と早々に申し込んだら
なんと 最前のドセンターという
奇跡のお席、

14891.jpg


間近で 集中!
どっぷりと舞台の世界に
浸る事が出来ました。


出演

佐久間憲市・・・・・・・・・・碓井将大
見城和歌子・・・・・・・・・・赤澤ムック
土門忠・・・・・・・・・・・・・・粟根まこと
(敬称略)



彫金作家という 地味目な
主演キャラは 見城海山

そして その主演キャラは
名前だけしか出てこない。

たった一人の弟子 土門
そして離婚後生まれた娘
和歌子
そして 田舎町の町興しのため
彫金家の記念館設立プロジェクトに
参加して取材に来た若者 佐久間。

この三人によって
海山と 妻・十喜子が
蘇る。

彫金家亡き後
工房を守る弟子に
海山について
インタビューの形で
佐久間が語らせる
観客は大方の設定が
これで頭に入るだろう。


突然現れる 母そっくりの娘。
反目しあう 弟子と娘

若者はどちらつかずで
クッション材の役目。

物語は 当時の彫金家を
その妻の真実を
浮き彫りにして行く。

そして 弟子の思い
娘の思いも

間違いなく・・和歌子は
父の娘でもあった。

ラストのドンデン返し・・・
ちょっと ご都合主義っぽい
お芝居だからいいか?みたいな
強引なまとめにも思える。(爆)

3名の役者さんに まず出会って
タイトルを決めて・・から
物語が動き出したと プログラムに
ありましたが

当て書き!

お三方 ピッタリだった。

名前だけ登場の海山 十喜子
二人が ちゃんといるし。

佐久間だから クマちゃん
土門だから モンちゃん

粟根さんに クマ・モン
言わせたかったんかな?(笑)

素直になれない

トリスケリオン 初めて聞きましたが
三脚巴というそうで。
海外の国では 国旗にあしらわれていたり
生と死 そして再生を表しているそう

輪廻回生のようなものか。

休憩なしの 一時間45分

アッと言う間でした。

素直じゃなくて
でも その辺にも
ありそうな会話とか

笑いもあって
ホロっとさせて・・・・

ジワっと来たシーンが
一か所だけじゃなくて(笑)


時間が許せば リピしたい舞台だった~。








関連記事
Last Modified :
* Category : その他 演劇
* Comment : (0) * Trackback : (0) *

コメント







管理者にだけ表示を許可