現在の閲覧者数: 『In This House』4・8マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 ミュージカル >  『In This House』4・8マチネ

『In This House』4・8マチネ

 ~最後の夜、最初の朝~
15039.jpg
@東京芸術劇場シアターイースト


出演者の少ない作品が
続きます。

今回は4人のキャストさん
パンフ販売はなし
タブロイド判新聞のような
作品紹介?
これからの他作品のチラシと
共に配られました。
15038.jpg



出演者
ヘンリー・アーデン・・・・・・・・・・岸 祐二
ルイーサ・アーデン・・・・・・・・・入絵加奈子
アニー・フリードキン・・・・・・・・・綿引さやか
ジョニー・ダマート・・・・・・・・・・・法月康平
(敬称略)



舞台には、古ぼけたある家

ずいぶん前に引っ越して
空き家になっている家の
様子を見に来た夫婦。
ある年の大晦日

ドアノブは 壊れ
雨漏りする場所も
昔のまま。
落ち着いたヘンリー
ちょっと険のあるルイーサ
二人の会話は、
すこし 棘があると言うか
特に妻のルイーサの言葉には
含むところがありそう。

雪道で 車が立ち往生してしまったと
若い二人が訪ねて来る
・・恋人同士か。

電話を貸してと頼まれるが
生憎 電話はない
スコップを借りて 車を動かそうと
するが上手くゆかない。

結局 一夜を
この家でお世話になる事に。

二人と二人
共に 問わず語りに、
それぞれの職業や
生い立ちなどを語り合う。

若い二人は 知り合った
きっかけがスピード違反とか
付き合って2年になるとか
結婚は まだ!

若いジョニーが
警官だという事

一方 ヘンリーが、若い頃
野球選手だった事。

ルイーサの父も 警官だった事
アニーのインドネシアからの
帰国を迎えにいった帰り道だったと。

家族の希望に沿って
警官になったけれど
小説を書いた事もあると
アニーが話す。

会話と歌で舞台が 流れてゆく。

新年おめでとうの挨拶が
交わされる中、

ジョニーは 来年には
アニーと結婚しているだろう
家を買ったんだと 明かす。

戸惑うアニー

どこか 会話が噛合わない二人
勝手に事を進めてゆく
ジョニーに
わかってない!と アニー

アニーが何を言ってるのか
わからないジョニー


ヘンリーとルイーサ
僕たちもあんなだったか。

繊細な4人の言葉の裏に
隠されていたものが
だんだんと形を成して行く。


じっくり しんみりと
見る作品
静かすぎる感じも
ないではないけれども
これはそういう 作品だな。

ジョニーが 真っ直ぐで一途
でもって 一番子どもっぽい
そんな様子は よく演じられていた。
道徳的で真っ直ぐな道から
外れられない。

アニー 自分を持ち
自分を見つめる事の
出来る女性
二人との会話から
ヘンリーとルイーサも
今まで 言えなかった
事実を明かす。

自分たちは なぜこの家を
何度も 訪ねてくるのか
考えてみようじゃないか。

二人の視線は
未来に向かっている。


『In This House』



今日は、開演前に
ステージ・フォト企画の日
応募してみたら 珍しく
当選しちゃった!

当選者は終演後のステージに
上がって撮影OK! やった~♪

舞台セットの
ヘンリーとルイーサが
座っていたソファに
座ってみたり
もちろん撮影もしたっ!(笑)

15031.jpg

15032.jpg

15034.jpg

15033.jpg

15036.jpg
舞台上サイドには バンドさん!

Blog掲載もOK頂きました。





関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可