現在の閲覧者数: 『グレート・コメット』 1・26 マチネ - hatti 元気の素 観劇 ミュージカル
FC2ブログ

hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  東宝ミュージカル >  『グレート・コメット』 1・26 マチネ

『グレート・コメット』 1・26 マチネ


21012.jpg

タイトル 正式には

『ナターシャ・ビエール&
ザ・グレート・コメット ・オブ・1812』
らしにけど・・

ハァハァ なんて長いんだっ!
一気に言うの大変よ~(笑)

グレート・コメットだけ 文字が
大きいし 特別席も
コメット・シートだし
だから 『グレ・コメ』と略してしまいます。(爆)


ストーリー
19世紀初頭のモスクワ
貴族のピエール (私生児として生まれた)
妻のエレンとは愛もなく
妻は不倫
相手と決闘までするが・・
鬱々として

肩をまるめた歩き方
眼鏡をかけ神経質そうに
みえる井上くん。


ナターシャは若く美しい伯爵家の令嬢

アンドレイと言う婚約者がいたが
戦地への従軍
そんな折 アナトールと出会い
恋に落ち 二人は駆け落ちを企てる。
このアナトール役 小西さん
きりっとして端正
既婚者なのに 恋にまっしぐら。

妻がいたなんて~~っと
泣き崩れるナターシャ

・・・とけっこうドラマチックなお話。

でも 変形舞台 コメットシート
煽りの多い客席参加をさせたいのが
丸わかりのシーン
ちょっと 作り方は斜め舞台かも。

ガチな芝居で仕上げたら
『アンナ・カレーニナ』っぽく
なるのかもとも思いました。

変形舞台と言うのは
アクト・スぺースが 田の字に
用意され 田の文字の
□部分4面がコメットシート。
小さなテーブル 椅子
舞台となる 十字スペースと
周りから 階段で降りることが
出来て 芝居中にキャストさんも
降りることがあります。

オープニング
2F席まで キャストさん登場
手かごの何か?を ラッキーな
お客さんに渡したり
手拍子参加も多い。

芝居途中には
メインのキャストさんまで
2F席に 上がって来てくれました。
凄く近い所に 小西アナトール!(笑)

いろいろ演出に凝っていて
肝心の芝居には集中し難い面も
あったように感じる。

そんな特殊な舞台なので
舞台セットは簡易ベッドを使うくらい?

女性陣 ドレス姿
エレン 霧矢さん
マーリャ 原田さんのドレスが
豪華系
ナターシャ ソーニャのドレスは
質素系 マリアは 黒ドレスでした。

男性陣の衣装は なかなか
凝っていて 近くで見た
小西アナトールに・・・・
思わず 見とれてしまったと
思ってください(笑)

水田・ドロホフ
え~~~とあれ誰?
・・とオペラ構えて見直してしまった。

ピエール ・・・・・・・・・井上芳雄
ナターシャ ・・・・・・・・生田絵梨花
エレン ・・・・・・・・・・霧矢大夢
アナトール ・・・・・・・小西遼生
ソーニャ ・・・・・・・・松原凜子
ドロホフ ・・・・・・・・・水田航生
マリア ・・・・・・・・・・・はいだしょうこ
バラガ ・・・・・・・・・・・メイリー・ムー
マーリャ D. ・・・・・・・原田 薫
アンドレイ
/ボルコンスキー老公爵
・・・・・・・・・・・・・ 武田真治

亜久里夏代 会田桃子
アリサ・チェトリック 木暮真一郎
森山大輔 村松ハンナ
大嶺巧 大月さゆ 酒井翔子
菅谷真理恵 武田桃子
塚本直 山田元 山野靖博
(敬称略)

生田ナターシャ
現代的~~
伯爵令嬢っぽくないかも。

アンサンブルさんたちの
衣装も 素直ではない(笑)
ロック系の音楽に合わせて
いるみたいネ

田の字舞台につないで
さらに客席をつぶした前方スぺースに
オケの皆さんが潜ります(笑)

ピアノの横には
書斎のような机のある一角
小さなスペースですが
用意されていて
ここピエールの書斎?(笑)
井上ピエール 舞台袖に捌けず
ここにいる事もある

ピアノさんと入れ替わり
井上さん ピアノ弾いたり
いろいろやり過ぎてくれて
目が追いつきません。
肝心のストーリー
途中で あそこどうなったの?
・・・・ってなった(爆)

このシーン コメット・シート
見難いだろうな~とか
余計な心配をしちゃうし
芝居に集中出来てないっ!

そんな 上演時間
2時間40分 (笑)
21011.jpg



これから 『レベッカ』に
駆けつけるから 間に合うとは
思うけど そちらも気になる(笑)


それが集中出来ない
やっぱ 一番の理由なのかも (笑)


関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可