現在の閲覧者数: 『芸人と兵隊』 2・20 マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『芸人と兵隊』 2・20 マチネ

『芸人と兵隊』 2・20 マチネ


21922.jpg

@東京芸術劇場
シアターウエスト


出演

花畑良子・・・・・・・・・・・柴田理恵 
桂銀作・・・・・・・・・・・・・村井國夫 
春田左近・・・・・・・・・・・カゴシマジロー 
柳家亀鶴・・・・・・・・・・ 高橋洋介 
春田右近・・・・・・・・・・・向井康起 
祇園桜子・・・・・・・・・・・滝沢花野
(敬称略)

芸人銀作 その妻良子
銀作を師匠と仰ぐ
漫才コンビ 右近・左近
同じく弟子の女性芸人 桜子

落語家の亀鶴を加え
兵隊さんの慰問のため
中国に旅する・・・。

三味の音を使い
場の転換は暗転

じっくりと芝居を見せてくれる。
銀作 良子の夫婦漫才

右近・左近の定番ネタ?(笑)
良子を慕う桜子は
芸を披露までは 行かなかったが
軽く三味を爪弾く・・

芸人の芸への向き合い方
生き方・・師匠として
笑いを突き詰め 弟子に
背中を見せる銀作
その銀作に 一途に
ついて行く良子

一瞬 台詞言い直してた
所もあったけど
柴田さん・良子
前向きで 凄く
出来た女房だわ(笑)

この慰問団で知り合った
亀鶴の悩みも 銀作に寄り添い
共に 悩みを受け止める
包容力抜群!

弟子たちの揉め事だって
魔法のように 荒立てる事なく
いつの間にか納めてしまう。

何となくお互いの気持ちを
確かめ合うシーンも
ほのぼのして来て
弟子の声に
慌てる二人も 可愛らしい(笑)


高橋さん・亀鶴
落語家らしくない雰囲気が
とても神経質そうで
堅物キャラに見えるのですが・・
戦地に散った 可愛がっていた
弟弟子の話をするのには
雰囲気はあっていたのかも。


昭和16年 2月
昭和16年 5月
小さい町
別の町
次の別の町と
舞台は進み
ある町で 足止め
戦禍に巻き込まれ・・
良子が犠牲に。

劇中のセリフに
畳の上で死ねないのは
不幸と言っていた良子。
内地に帰って来られなかったのね

帰ってきた銀作たちが
芸人を続けるには・・
世の状況はますます
厳しくなって来る。

それでも人に笑いを
届けたい。
その思いだけが
銀作を支えている

登場人物 6人の舞台
一人 一人のキャラが
明確で、 わかりやすく
魅力的

お笑いの舞台の間に
拍手の音が使われて
いたが この音は
ちょっとわざとらしいかな?
音の質も 人工的だし
生の客席から拍手出来たら・・。

村井×柴田 さんの
二人漫才
面白かったので
実際拍手しようかなって
一瞬思ったけれど
拍手がスピーカーから
聞こえてきちゃうと出来ない。(爆)

21923.jpg

休憩なしの舞台 2時間
笑って泣いてが 忙し舞台でした。


終演後 バックステージ・ツアー企画が
ありまして こちらも一瞬 悩んだけれど
帰宅時間を 逆算して・・
残念ながら 諦めました。



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可