現在の閲覧者数: 『かもめ』 4・16」ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『かもめ』 4・16」ソワレ

『かもめ』 4・16」ソワレ

23412.jpg


出演

イリーナ・アルカージナ
・・・・・・・・・・・・・・・・朝海ひかる 
コンスタンティン・・・・渡邊りょう
ソーリン・・・・・・・・・・・佐藤正宏
ニーナ・・・・・・・・・・・・・岡本あずさ
シャムラーエフ・・・・・・俵木藤汰
ポリーナ・・・・・・・・・・・・伊東沙保
マーシャ・・・・・・・・・・・伊勢佳世 
トリゴーリン・・・・・・・・・須賀貴匡
ドールン・・・・・・・・・・・天宮 良 
メドヴェジェンコ・・・・・松井ショウキ
ヤーコフ・・・・・・・・・・・山﨑秀樹 
メイト゛・・・・・・・・・・・・・中島愛子 
料理番・・・・・・・・・・・・高田賢一 
  (敬称略)


アントン・チェーホフの
『かもめ』

今回の上演は
小川絵梨子さん
演出は 鈴木裕美さん。
23411.jpg


キャストは
オープンオーディションで
決めたとの事で
存じ上げない方が多い

舞台を見た事のある方は
朝海さん 佐藤さん
伊勢さん 天宮さんくらいかな?


ステージ 草花の咲く
階段 通路から
談笑しながら ソーリンたちが
現れる

彼の家の庭・・・
この家に滞在中の
屋敷の主の 妹
女優アルカージナと
その恋人トリゴーリンも
遅れて現れ役者がそろう

庭の奥まった部分に
舞台が組まれ・・
これから月の出を待って
アルカージナの息子
コンスタンティンの書いた
芝居が上演されるのだ

舞台に上がるのはコンスタンティンの
恋人 ニーナ
いつか親の束縛から逃げ
女優になると言う夢を
キラキラした瞳で語る
快活で生命力にあふれた娘

この芝居を機に
ニーナは アルカジーナの
恋人 トリゴーリンに恋

コンスタンティンは片思い

そんなコンスタンティンを
ひたすら思う
シャムラーエフとポーシャの
娘 マーシャ

マーシャに恋する
メドヴェジェンコ

みな 一方通行です

ポーシャの母は
医師ドールンに色目を使い・・(笑)

医師 ドールン
モテモテの 55歳!
この時代 55歳って
とってもお年寄り (笑)
セリフに何度も 55歳だし~
55歳だから~など
女性の誘惑を上手くスルー(笑)
55歳の某・役者さんを
つい思い浮かべてしまった (爆)

あちらこちらで 恋の花が
咲いている
届かぬ思いに苦悩して
もがいている 恋の表現が
とてもストレート

でも『かもめ』って
こんなにも 恋する人が
多かったっけ?(笑)

前回の 別Verの
『かもめ』 の各シーン
ずいぶんと 忘却の彼方(爆)

難しい言い回しも
もちろん チェーホフですから
でも難しいだけじゃなく
言葉が生きて
会話に血が通ってる感じ

唐突な感情の飛躍も
あるので 作品に感情移入が
出来るかと言うと難しいけれど‥

哀しい結末が 告げられる
重い舞台なんだけど
不思議な 明るさも感じられる。

大地に息づく人々が そこにいた。








関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可