現在の閲覧者数: 『化粧二題』 6・3ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『化粧二題』 6・3ソワレ

『化粧二題』 6・3ソワレ

DSCF7277.jpg

@紀伊国屋サザンシアター
TAKASHIMAYA


出演

内野聖陽 ・ 有森也実
(敬称略)

DSCF7279.jpg


『化粧』 は 平さんで
過去に拝見しており
お話は変わらないのではと
予測出来ましたが

二題って? 何かと思えば
内野さんの『化粧』

・・・・と言う事は 男性版『化粧』?
お話同じかな?
はてなマークが飛ぶ(笑)


化粧前が舞台センターに
置かれ 舞台開演前に
休んでいた 座長が
舞台化粧を仕上げていく間の
一人語り・・
舞台の演目のような
親子の話を演じてくれます。

楽屋への来客やら
周りの手伝いの人との会話
女性版 座長 ・五月洋子
まずは 有森さんで
観た記憶のある 『化粧』


男性版 座長は 市川辰三
ちょっと お話が変わっていました
座長が男性になり
市川辰三 一座!

二人とも
浴衣の背中には 大きな
名前の染め抜き

男性版 内野さんの
浴衣は 派手だ~
青地に 真っ赤な鯛
めで鯛!ネ(笑)
背中から 裾にかけて
大きく 市川辰三。


後ろの衣文掛けには
舞台衣装がかかっている

台詞しゃべりながら
化粧を仕上げ 浴衣を着替え
鬘をつけ 舞台に
出て行くまでが一本

化粧 下化粧から 白塗り
目化粧まで 鏡なしで
一気に仕上げるって 凄い!
一気と言っても 来客が来たような
芝居では立ち上がり
旅芸人で 夫に死なれ
子を手放すしか 生きる術が
無かった母
テレビのご対面番組で
出演交渉に来た
いまさら ・・・
人違い! ですよ~よ
客の相手をするし
動きは多い。

女性版では これまでと同じく
舞台衣装を着る時に
パッと投げ上げ
落ちて来るところで
袖を通すという
拍手が起こりそうなシーンがあって
でも 鮮やかに あまりに
あっさりとした一瞬だったので
拍手する暇なし!
ここから 拍手送りたい。

『化粧』 顔の白塗りだけでなく
足の腿から手・・も白塗りして
手甲 脚絆のいでたちの
出来上がり


男性版では これからの舞台が
『・・・の土俵入り』・・・とあって
黒衣装の下に 肉襦袢つけるので
投げ上げて切るのは無理らしい(笑)
普通に着るしなさそうだ

半幅帯は有森さんは
帯結びをされてましたが
男性版は マジックテープ式?
上下を間違えたのか
やり直ししてた内野さん(爆)

『化粧』 も男性版は控えめ?(笑)
下地も薄めで 目化粧には
手鏡使う

番場の忠太郎もどきの話で
忠太郎は力士・・

キリスト系孤児院育ち
母恋しさに 飲み屋の母を訪ね
姉の子と言われ
棄てられたと・・

訪ねてきた先生
カタコト日本語で
忠太郎を諭す
もちろん 一人芝居
先生も内野さんで

四股を踏んだり・・
おっかさん!の世界を
魅せてくれます

肉襦袢を着て おおきくなった
内野さん
台詞と一緒に 変わる表情が
とても目まぐるしくて
思わず 笑いが起こる(笑)

上演時間は短くても
満ち足りた思いが残る
劇場空間でした。






関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可