現在の閲覧者数: 『海辺のカフカ』 6・7マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『海辺のカフカ』 6・7マチネ

『海辺のカフカ』 6・7マチネ



2度目の『海辺のカフカ』
バクステ付につられ
追加購入したので‥(笑)
しっかりと リピート観劇いたします。
24848.jpg


今回は かなりの良席が 来たのと
前のお席も 小柄な方で
ストレスは感じずに観られた。(笑)

前回のバック・ステージ ツアーの
お勉強も生かして・・

アクリル・ガラスのケース

寺島さん扮する 佐伯
ケースの中に入って
動かされてくるのは
何度みても インパクトある!

オープン時は カフカも
ケースに入ってる

なんでも かんでも すべて
アクリル・ケースの中

神社 書斎 トラック
自販機 待合室
猫と話すのは公園

この猫たち
かなりリアルな着ぐるみ
のどの部分が透けて
前が見えるように
創ってある。

図書館の夥しい本の詰まった
本だなもアクリル・ケースの中
発砲スチロールに表紙を
それらしく巻いてあるけど
中には 本物の本
(蜷川さん蔵書)も混じっていると
バクステの知識 (笑)

司書の事務室
中田たちの宿泊する安宿
森の木々 舞台を埋めつくす
アクリル。ケースたちも
立派な出演者 (笑)

移動し 組み合わさり
シーンを変えて
物語を作る
移動する黒子さんたちも
素晴らしい技術!

空から魚が降る!

中田の予言どおりに
魚が降って来る (笑)
シッポが震えてるやつ
発見して
あ~~あれね (笑)


すぐね 片付けられて
無くなるんだけど~

前方席だったので
良く見えた。


時々出てきて カフカに絡む
真っ黒衣装の 柿澤・カラスも
表情が見えて 台詞の
聞き逃しも少ないし

カフカの道しるべというか
面白い立ち位置なのが
より分かった。

後半のとある シーン

裸足~~!

何度も見てるけど
いままで気づかなかった
きっと 意味があるよね~

人の 生きる世界

中田の探し出した
入り口の石

森の中の 記憶のとどまらない世界
佐伯の入ってしまった空っぽの世界

二つの世界を 繋ぐものは
アクリル・ケースに
閉じ込められた森

15歳にしては
老成した イメージを醸し出す
カフカ (爆)


表情を見てると
柿澤カラスの方が
若く見えて来る・・・気がする
そんな不思議世界だった (爆)


スタンディングが起こり
大きい拍手
三度目くらいには
スタッフさんたちも
共に並ぶ カテコ

やはり 舞台は いいなぁ~ !




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可