現在の閲覧者数: 『エリザベート』 6・27ソワレ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  東宝ミュージカル >  『エリザベート』 6・27ソワレ

『エリザベート』 6・27ソワレ

DSCF7538.jpg

今季二度目の 『エリザベート』
なかなかチケットが取れなくて
『ライオン・キング』後の
ソワレ公演狙いで GET!

大井町から 開演時間には
余裕で到着
食事時間などは
取れそうもありませんが・・。

25363.jpg


井上トート閣下
愛希シシィの回

三浦ルドルフに
育三郎ルキーニでした。

井上トート
貫禄を感じる (笑)

そして 古川トートほどでは
ないけれど‥
やはり人間っぽさが
感じられる
険しい表情と 冷たい視線


初演から見ていると
黄泉の帝王 は
シシィの心の生み出した
死の具現化と思えたけれど
それは 城田トートまでかな?

演出が変わった面もあり
トートが かなり人間っぽく見える
『エリザベート』かも

再演を重ねる事に
キャスト変更で
シシィも キャラ的に
すこし変わってきているようなので
当然といえば 当然かな。

育クンルキ
台詞のイントネーション
独特だったなぁ~

お見合いの場
上着を来て鬘をつける
赤い上着だし 白い鬘で
つい M!を思い出して
しまったのでした。


2Fの端っこ席
遠いけれど フォーメーションなどは
よく分かるお席
そしてオペラ・グラスが
大活躍

三浦ルドルフ
先の細い 神経質そうな
ルドルフでした
あのルドルフは
トート閣下が暗躍しなくても
革命成功しないでしょ?と
納得させる雰囲気。

今日は ミルク・シーンで
ルドルフのバイト役が
あるけれど‥
帽子を目深にかぶり
後方で踊っているのを
見つけたっ!

もちろんオペラ使用です(笑)

前の演出では ルドルフ役者は
センターでミルクを乗せた車を
立てたその脇でポーズ決めして
いたけれど 今期は ダンス最後は
多分だけど 一番上手に
移動してたみたい

あっ ルドヴィカはどうしてるんだろ?
旧演出では春風さんが
めっちゃ踊っていたけど
未来さんになってから
発見出来ていない (汗)

回数も見てないから
次回の宿題?(笑)

大きな棺桶をつなぎ
皇帝の執務室になったり
ルドルフの棺になったり
新演出 いまだに慣れないまま

平方フランツ
優しいね~
皇帝の義務 信念を捨てるのも
シシィのためなら 迷わない
そんなフランツ陛下かな?

老境の陛下は 若さが
見えてしまう気がする
台詞回しも 割と軽い感じを
受けたし・・
フランツ役って 難しい~

2Fからでも
今日はわりと 邪魔されないで
舞台が見られた舞台で

カテコも盛り上がり
スタンディング!!!
25362.jpg


ルドルフとゾフィー
あれ? そうか
今日は 珍しくソワレだった。
9時過ぎているから
子役ちゃん カテコ出られないんだ

憲史郎クン 可愛いちびルドくんだった
最後の拍手したくても
届かないのは ちょっと寂しいね




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可