現在の閲覧者数: 『フリーダ・カーロ』 8・3 マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  石川禅さん >  『フリーダ・カーロ』 8・3 マチネ

『フリーダ・カーロ』 8・3 マチネ


劇場入り口階段の
公演案内

公演フライヤーを
版に張り付けてあったが、
初日は 遠慮がちの 表裏の2枚を
開演30分前近くにガムテで張った (笑)
準備に慌てた感が、見えますが
二日目 枚数が3枚に増えたけれど
本日は ?
26351.jpg



今日は 上演時間の
案内も張り出されました。
26353.jpg

階段入り口のドア

ドアが開かれると
隠れてしまいま~す


舞台セット
フリーダのベッド
両サイドには 階段

高い位置のシーンも
あります
階段の上り下りもきつそう
ディエゴあるシーンで
落ちそうになったのを
見て心配
楽まで ニナ様お怪我など
なさいませんように


メキシコの 熱き女性
フリーダ・カーロの
炎の生涯

6歳で不自由になった
細く短いままの右足

バスの事故で脊椎の損傷
それでも子を宿し・・・
流産の悲しみ

痛みに耐え
血を流し・・・・

彼女は遺した。
すべての出来事は
絵の中にある


奔放な フリーダ
芝居の流れが 早い

二時間と少しの時間が
あっという間!


センターで 演じなくても
周りで 芝居を見つめ続ける
出演者

途中 水分補給・・・は
禅トロッキーの専売特許かと
思ったら 遠山イサムノグチの
水分補給 発見 (笑)

階段の影などで
客席に背中を向けながら
さりげなく・・・

舞台の雰囲気を壊さない
舞台小物のような顔して
飲料水が仕込まれてる (笑)
さりげなく皆さんも。

これだけ 熱い舞台だもの
この舞台 ほぼ出ずっぱりだし・・
お水は 必需品

彩吹フリーダだけは
水を飲むタイミングなし

一度だけ
グラスに注いだ水を飲む
シーンで 少し補給?
そこに現れたディエゴの
浮気に感ついて
空になったグラスを勢いよく
投げる・・・
勢い良すぎて 客席に落ちた
それを見たディエゴ
外にいっちゃっ~とか
なんとかアドリブを (笑)


若い日の恋人
アレハンドロ・ゴメス

夫 ディエゴ

イサム・ノグチ
夫への当てつけの恋

夫から奪うための誘惑
レフ・トロッキー

男性陣とは
ほぼキスを交わしたり
ベッド・シーン
かなり演劇的な表現ですけど
十分にここでも 熱い!


エラーサー博士とは
そんなシーンはないけど
仮面をつけ 女性役の時が
あって 色っぽい (笑)


両親 妹役 麻尋さんは
母の役も

禅トロッキー
花嫁の父で搭乗
娘の夫になるディエゴに
娘は病気だ! それでも♪
と激しく迫るシーンが
なぜか 微笑ましく見える(笑)

ストーリーは 壮絶で
目を伏せたくなる内容なのに
そこかしこ ホッとする
シーンが見え隠れして

看護婦フディト
最後を看取った
看護婦 マイエット
医師 エラーサー博士

少ない出演者は
皆が皆 役になって
生きている

彼女を見守るすべての
人が彼女を
傷つけながら・・・

彼女を愛した


この辺の
描き方が絶妙で
ドップリと沈んだ気持ちで
帰らなくてすむように
なってると思う
使われる音楽も
ラテンのリズム
アップテンポな曲も
あって・・・

初日の時に 受け取った
死へ向かう人生の重さ
死を見据えた重さを
覚悟したのに・・

これは生への賛歌!
だんだんと そう思えて来る

死者の祭りに
フリーダの事を語る

一緒に フリーダの事を
見つめているような
思いにさせてくれる
二時間とちょっとの舞台

この作品は
休憩なしで勢いが止まらない方が
合っているようだ。







関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可