現在の閲覧者数: 『ハケンアニメ』 11・7マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『ハケンアニメ』 11・7マチネ

『ハケンアニメ』 11・7マチネ

お城通いに忙しいけれど
他の公演も観たい(笑)

今日はこちらに来てしまいました
29245.jpg


『ハケンアニメ』 @紀伊國屋ホール
この会場には 珍しい
こんな大きなパネル
29247.jpg



原作 辻村深月
演出 G2

出演
川島加菜美・・・・大場美奈
小越勇輝・・・・・・王子千晴
江藤晋矢・・・・・・市川しんぺー
黒木智志・・・・・・三上市朗
迫水孝昭・・・・・・菅原永二
有科香屋子・・・・町田マリー
相模梢・・・・・・・・幸田尚子
澤田和己・・・・・・山内圭哉
垣内政信・・・・・・小須田康人
(敬称略)


上演時間
29246.jpg



舞台はスタジオえっじ

会議が行われる
椅子やテーブル
キャストさんがセッティング

背景には
膨大なアニメ稿かな?
厚めの茶封筒が本のように
納められている
階段上
社長室 時に屋上

某アニメ作品を立ち上げようと
動き出すスタジオえっじ

アニメ監督が決まり
ネット配信の取材が入り
会議を重ね 時間に追われ
右往左往する

アニメ業界で働きたいと
入社してきた 加菜美や

監督は ヒット作品を持ち
作品作りにこだわりを持つ
若~~い 王子千晴

王子の作品に惚れ込んでる?
スタジオえっじのプロデューサ-
有科は 現場の皆と衝突ばかりの
王子になんとか作品を
完成させて欲しいと
懸命の奮闘

二作目の期待の
プレッシャーの中
意見を曲げない若造監督は
高名な脚本家が使えないと断り

ここで千代田公輝の名前が出た!
担当編集の黒木 登場
演じるのは三上さんだった


原作 : 辻村深月さん
ここまで来て気が付いた
キャラメルボックスの
あの作品の原作者

舞台の途中で出た
黒田さんは 某作品の
登場人物 (笑)

千代田公輝も引きこもり作家で
その担当編集者黒木は
あちらの作品そのままの設定

舞台は違うので そこまでだったけど
なんとも言えない親近感 (笑)

市川 三上 小須田さんたち
山内さんが 特異キャラ
アニメーター役です
やっぱ山内さん
ダメ可愛いキャラで
あかん あかん 言ってて
目立つわ~(笑)
皆 はまり役でこれ面白い!

大人社会の軋轢
時間との闘い
脚本にダメ出し
大手会社相手でも
納得がいかなければ
断ってしまう 若い監督に
振り回されるスタジオえっじの
あれやこれや
アニメ業界のバクステもの

果たして 試写会を迎えられるのか
アニメ業界のどこかで
働ければと言っていた佳奈美
この騒動のうちに諦めかけていた
自分の夢に再び 立ち向かおうとする

自分を救えるのは自分だけ・・

似たような台詞を
『終わりのない』でも
言ってたような気がするが・・?(笑)

『ハケンアニメ』

ハケンは 漢字で書くと 覇権

この作品 どことなく
温か味のある作品だ。






関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可