現在の閲覧者数: 『A FAIRY TAIL』 11・13 マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  宝塚 >  『A FAIRY TAIL』 11・13 マチネ

『A FAIRY TAIL』 11・13 マチネ

29437.jpg

今回の抽選当選の公演
13:30開演が当選してくれた~♪

いつものお出かけ時間
いつもの時間の電車
ちょっと運行情報乱れが
あったけどほぼ時間通り・・
いつもの昼食場所で
半券サービス
この演目 定額以上の支払いで
チケット提示して
みりおクンのコースターが
貰えた!
29440.jpg

前回も頂いたので これで 2種
別種類で被らなかった (笑)

いつもの早めの入場
すこしパターン化してるけど
落ち着きます (笑)
2F A列端っこ席
29438.jpg




みりおクン精霊 エリュ
純真な少女 シャーロット
薔薇の咲き乱れる
精霊たちの住む庭

庭師のニック伯父さんに
水美さん
贈られた絵が
優しくて柔らかなタッチ

ニック伯父さんに
引き取られ 庭の話を
聞いて育った
植物学者のハーヴィ

妖精たちの長
ディニタスの高翔さん
植物を金儲けの商品としか
考えていないヴィッカーズ社長に
怒りを向けるが
なだめる ハーヴィーに
思わず笑ってしまう(笑)

他のものには見えない
妖精たちと人間との間に
挟まれ ちょっとアタフタな
ハーヴィーも
カッコ可愛い~(笑)

本日も仲間の台詞に
紅茶カップを
落としそうになり
社長の話を聞きながら
濡れた手をハンカチで
拭いてて 一連の流れに
なってる~

人間と精霊と植物の共存
それを可能にするのが
忘却の粉 精霊の掟というのが
ちょっと寂しいけれど‥

大人になると信じられなく
なるのは 忘却の粉が
なくても…そうなって
しまうのかもしれない


シャーローットは
忘れたくない大切な
思い出を決して手離さない

確かなカタチに・・・
絵本にして残す

精霊 植物 人間との
共存には 優しさと
相手を思いやる心が
不可欠!

そんな 花組さんの
『A fairy tail』でした

一幕は終わりました
しばらくご休憩ください♪
そんなアナウンスは
みりおクンの声

オープニングも
休憩アナウンスも
TOPさんのお仕事
ちゃんとアナウンスの後
拍手起こるの 凄い(笑)
休憩アナウンスのあとは
なかったか?(笑)

2部は シャルム ・ショー
構成 ちょっと凝ってる?(笑)
あまり よく分からないけど~
衣装が素敵!(そこ?)

ショーの流れで途中
客席におりたみりおクン
今日は何の日か
知ってますか?
知らない? とお客さまに
来ても 知らない~と。
ふるふるちゃんの誕生日でした~
と舞台上を・・・。
舞台上では ふるふるちゃんこと
華優希ちゃん 可愛くお手振りで
応えてました(笑)

この公演 まだ公演中だけど
きっと スカ・ステで
放送してくれるよね~と期待
首を長くして待ってる (笑)

今からとても 楽しみ
やはり契約お休み出来ないわ~♪



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可