現在の閲覧者数: 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』 11・17昼の部 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『ふるあめりかに袖はぬらさじ』 11・17昼の部

『ふるあめりかに袖はぬらさじ』 11・17昼の部

29660.jpg

@明治座

石丸さんご出演だった
『ペテン師と詐欺師』ぶりの
明治座・・かな?

12:00開演
入場し‥弁当と
パンフレットは1500円也

29659.jpg


大地さんの和物
日頃ミュージカルメインの
自分にしては
珍しいチョイス?(笑)


横浜の遊郭 岩亀桜が舞台

花魁 亀游が病に伏せっている
行燈部屋
横浜に流れてくる前から
知り合いのお園だけが
亀游を案じ 何かと世話を
やいてくれる
お園は 酒好きの
三味線芸者

異人を相手の店の通辞
藤吉もまた 亀游を案じて
行燈部屋にクスリなどを
届けに来る

徐々に健康を取り戻した
亀游が 久しぶりの勤めに
出てみれば 上客の異人
イルウスに一目ぼれされ

店の主人は 法外な値段で
亀游の身請け話を
決めてしまう

亀游を憎からず思っていた藤吉
異国に医学の勉強に行きたい
その時は一緒にと夢を語る
藤吉だったが・・
身請け話にはなす術もない

亀游に身請け話を
伝えにいったお園は
亀游が 剃刀で喉を切り
こと切れているのを
見てしまう


秘密裡に葬った筈の
亀游の話が 突然に
瓦版になり 攘夷列女と
もてはやされ 事実と異なる所も
あるのだが 商売になるとみて
岩亀桜亭主は
お園に 話を合わせ
客に聞かせろと言いつける

亀游の部屋まで
作り上げ 客を案内
し始めたのだ



出演

お園・・・・・・・・・ 大地真央
藤吉・・・・・・・・・ 矢崎 広
亀遊・・・・・・・・・ 中島亜梨沙
岡田・・・・・・・・・大沢 健
松本・・・・・・・・・ 篠田光亮
多賀谷・・・・・・・・ 林田航平
飯塚・・・・・・・・・・ 榊原徹士
小山・・・・・・・・・・ 瀬戸啓太
お咲・・・・・・・・・・・未沙のえる
マリア・・・・・・・・・ 久保田磨希
大種屋主人・・・・・温水洋一
岩亀楼主人・・・・・佐藤B作
イルウス・・・・・・・・ 横内 正
メリー・・・・・・・・・・・桜 一花
バタフライ・・・・・・・羽咲まな
ピーチ・・・・・・・・・美翔かずき
キャット・・・・・・・・・樋口 綾
チェリー・・・・・・・・石原絵理
日本人口の遊女・・小林千花

佐藤・・・・・・・・・・・・鈴木章生
幇間・・・・・・・・・・・・伊吹謙太朗
杉田・・・・・・・・・・・・森山栄治
坂本・・・・・・・・・・・・永島敬三


柴田時江 尾上佳よ子 飯田 碧 川村紗也
喜多村千尋 田村りな 小山晶士 倉冨尚人
加藤大騎 江利智広 深澤 誠 高橋茉琴
河原邦恵 金子ひろ子 大﨑実花 
松永鉄駒 松永鉄六 (敬称略)


悲恋ものかと思う一部
でも それだけでは
長丁場が 繋げないのか

この後 岩亀楼に客として
訪れる 思誠塾の門人たちの
話に場は変わっていく

つながりはあるものの
二つの話を無理やり一つの
話にしたような‥

終わりも唐突な感を受ける
芸者 お園の生き様を描くにしても
中途半端なのかな~

でも 大地さんの艶やかな芸者姿
三味弾く姿を見るだけでも
目の保養 (笑)

今回の藤吉役に
矢崎さん
髷姿で この作品は
歌のシーンもあります

温水さんや B作さん
横内さんなどで
周りを固める

元宝塚の方も多めで
異人さん向けの遊女が
ちょいハッチャケ(笑)

久保田さんが演じる
マリアは 強烈 (爆)

後引く キャラに仕上がってた(笑)






関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可