現在の閲覧者数: 『プラネタリウムのふたご』 2・22 マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『プラネタリウムのふたご』 2・22 マチネ

『プラネタリウムのふたご』 2・22 マチネ


40182.jpg

いつもなら 本日の公演案内
ポスターは張り出されていませんでした
代わりにロビーの壁には
取り扱いグッズが・・(笑)

@日本青年館ホール

こちらの公演も コロナ禍で 一時は
公演中止になってしまい
改めて発表になった公演日程で
また申込みしたもの

この時期もまだ 緊急事態宣言中なんて
思いもしてなかったけれど
感染防止対策をとり 一部中止公演
公演時間の調整をした上で
公演実施。
ようやく見られます

そうは 言っても 原作となった本
未読のままなのですが、
大人のファンタジーというか
ギリシャ神話の雰囲気を持つというか
ちょっと残酷で 悟りや諦めも
猥雑さも併せ持つ 不思議な
作品・・そんな感想でした。


村にある ただ一つの工場
24時間稼働している工場のせいか
村の河のせいなのか 村では
星は見えない

人々は 泣き男の説明を
聞きながら 村のプラネタリウムで
星を見る

そのプラネタリウムで ある日
赤ん坊の泣き声 それも二人
河で命を落とした女の 子供か?

泣き男は 双子を
タットルとテンペルと名付ける

村のハズレに住む
目の見えない老女
なにか曰くありげ。

郵便配達夫
タットルは 手伝いをするように

村の人々もともに 双子を
慈しみ育てる

ある日 村に サーカス一座が
やって来る
座長テオ
熊のパイプ
馬のプランクトン
兄貴 妹
うみがめ氏


テンペルは そのサーカス団に
ついて 村を出ていく・
双子は別々の人生を歩み始めるのだ。

40181.jpg

出演者
テンペル・・・・・・・・・・・・永田崇人 
タットル・・・・・・・・・・・・・・阿久津仁愛 
泣き男 他・・・・・・・・・・・佐藤アツヒロ
妹 他・・・・・・・・・・・・・・・前島亜美 

栓抜き 他・・・・・・・・・・・菊池修司 
兄貴 他・・・・・・・・・・・・サイクロンZ 
染色主任 他・・・・・・・・・冨森ジャスティン
郵便配達夫 他・・・・・・・齋藤桐人 
熊のパイプ 他・・・・・・・・山﨑秀樹 
酒場の女将 他・・・・・・・安田カナ 
馬のプランクトン 他・・・黒木夏海 
馬のプランクトン 他・・・谷啓吾 
うみがめ氏 他・・・・・・・・田鍋謙一郎
母親 女教師 他・・・・・・壮 一帆 
目の見えない老婆 他・・春風ひとみ 
座長テオ 他・・・・・・・・大澄賢也 
工場長 他・・・・・・・・・・松尾貴史
(敬称略)

以上の出演者で
ほぼ・・メインの役以外の
役についてる忙しさだ。

盆をつかい ふたごを自転車に
乗せたり
2F部分の高さのある部分に
語りべの話の 映像を影絵で
見せてくれたり
一面の 星空を映し出したり
するのが よりファンタジックさを
感じさせたのかもしれない。


大澄さん座長テオ
ミュージカル俳優だった設定で
声量のある歌声を披露
動きもさすがでした

壮さん 完全に役になりきっていて
あれ どなた?と思ったら
壮さんだったと 言うネ
メガネ教師は 特に!(笑)

春風さん老婆
よろめき加減も絶妙
目が不自由な設定だし・・
その動きに つい目で追ってしまう。

カテコでは 劇中とはまるで
違う 軽やかな登場でした。




関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可