現在の閲覧者数: コクーン歌舞伎『三人吉三』6・18昼 - その他 演劇
fc2ブログ
プロフィール

hatti (はっち)

Author:hatti (はっち)
石川禅さん応援中!
劇団四季・東宝ミュージカル・・・時には宝塚
観劇大好きなhattiです 

記事に関係のないコメントは
削除させていただく場合が
御座います。ご了承ください。

石川禅さんのお仕事
石川禅さん
これからの予定

舞台******
ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年3月7日~29日
日生劇場
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月4日~14日
skyシアターMBS
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月19日~21日
愛知芸術劇場大ホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年4月26日~28日
久留米シティプラザ 
ザ・グランドホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月3日~4日(土)
熊本城ホール メインホール
ニック役他

ミュージカル
『カム フロム アウェイ』
2024年5月11日~12日
高崎芸術劇場 大劇場
ニック役他

石丸幹二 
オーケストラコンサート2024
石丸幹二
東京フィルハーモニー交響楽団
2024年6月21日(金)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
ゲスト出演

舞台
ヒストリーボーイズ』
2024年7月20日(土)~28日(日)
あうるすぽっと
へクター役

********
Netflix
「モンキー・キング」
声の出演
“竜王"役 吹替=石川禅
2023年 8月19日より配信開始

Netflix
『氷がすべてを隔てても』
声の出演
アイナー役=石川禅 (3/2より配信開始)

Netflix
『サンドマン』
声の出演
第6話 吹替=石川禅

コンサート*******
★『石川禅 6th ソロ・コンサート』
2021年3月20日~21日
よみうり大手町ホール
※公演延期 ※

石川禅さんのプロフィール
FCについては
サイドバーのリンクから
ホリプロブッキング
エージェンシーへどうぞ
禅さんの舞台
石川禅さん次回は % 『COME FROM AWAY』
禅さん 出演公演
Blogランキング参加中です
見たよ 読んだよ ポチっとな!
よろしく お願いします。
4月の観劇予定

■『町田くんの世界』
■『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』
■『カラカラ天気と5人の紳士』
■『Le Mele~母~』
■こまつ座『夢の泪』
■『王様と私』
■『COME FROM AWAY』
大阪・名古屋
■『VIOLET』
■『デカローグ A/B』
■『アラジン』
■宝塚花組『アルカンシェル』
■『ハネムーン・イン・ベガス』
■『クロスロード』
■『Le Fils~息子~』
■『オペラ座の怪人』KAAT
■地球ゴージャス
『儚き日光のラプソディ』
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

コクーン歌舞伎『三人吉三』6・18昼

Bunkamuraのチケメ会員先行に外れ
松竹会員先行では完売!
一般発売初日も予定数終了の声しか聞けず
一時あきらめかけたのですが、
某サイトで何とかGET!
ただし 最後列でしたが・・・・(笑)
でも~見られて 良かった♪

キャパがそんなに大きい会場ではないから
舞台との距離感はそんなに感じません

本日は歌舞伎仕様のシアターコクーン
前方S席部分 だいぶ椅子が取り外されて
桟敷席に変わっています
通路部分は 花道変わり?
役者さんが、登・退場して
ここで客に絡む(笑)

コクーン歌舞伎『三人吉三』
和尚吉三・お坊吉三・お嬢吉三
歌舞伎は全くの初心者なのですが
さすがにこの三人の名前は知ってる(笑)

和尚吉三・・・・・・中村勘三郎
お嬢吉三・・・・・・中村福助
お坊吉三・・・・・・中村橋之助
更に他の役も演じています
  中村勘太郎 中村七之助 片岡亀蔵
  笹野高史・・・・他 (敬称略) 

歌舞伎と名のつく舞台は初めてだったのですが
入門編としてお奨めらしい コクーン歌舞伎!
堪能させていただきました
力を持った方々の ぶつかり合う舞台は
見応えがあるのを実感しました。

ここからは ネタばれ含みますので
折りたたみ.....(笑)




開幕一番の登場で 場をさらったのは
野良犬くんです。(笑)
舞台を何気に横切り、注目を一身に集め、
会場からは笑いが・・ 

3幕構成の舞台 本水使いのセット、
盆を巧みに廻し 三人吉三の出会いと
殺陣を絡ませ・・・
あ~あ 歌舞伎なのよね・・と思う
なにより、役者さんの動きが美しい!
見得を切り、型をピタピタッと小気味よく
決めてくれるのです~♪
会場からは、良いタイミングで拍手が沸く・・
初心者でも拍手する場所がわかりますよ~(笑)
黒子さんもこの舞台ならでは・・・・・

お嬢吉三
たおやかな女ぶりから、
凄む場面への切り替えがお見事(笑)
裾引きの着物で、所作が美しく・・・
一瞬で男の動きに変わる
歌舞伎の女形の方の所作のキレイさを
すこし見習わなくては!(笑)

お坊吉三
凄みよりも、素性の良さを感じた
悪の筈だけれど・・・カッコイイんですっ!(笑)
歌舞伎の世界の人だと得心した舞台でした
なんせ歌舞伎初観劇なもので・・・・ ^_^;

和尚吉三
初めて生での舞台
あの雰囲気は勘三郎さんならでは・・ですね
言葉に出来ないのがもどかしいですが
舞台の上で生き生きと暴れまわる(笑)
本当に暴れまわる・・と言っちゃって
いいですか(笑)
縦横無尽に駆け回る パワフルです
台詞・・はもちろん七五調(笑)

これが独特な世界を更に形作るのですね
台詞自体は違和感ないのですが、
聞き取り難い事があり少しストレス(爆)

2幕は、ちょっとだけ・・記憶が飛びました~
動きが無く、因縁話のシーンだったりするから(汗)

3幕 ここへ来て、色彩の美しさに
息を呑みました!
白い・・・・・舞台です

2幕で、黒・赤を中心の衣装 
照明も赤系が使われていて 
美しいと思っていたところに
一気に白です!

八百屋お七の・・半鐘シーンと思しき
シーンもあり・・お壤吉三の見せ場!
和尚吉三の衣装は淡いミドリ
背中の模様に目?らしき部分には、
ライン・ストーンが光っていた
遠目なので自信はないけれど、
現代の舞台・・今を反映している
象徴のように感じたのでした

惜しげもなく降ってくる雪が圧巻
ここでも、嵐のような拍手です
滅び行く美が、白の儚さに重なり・・
美しい舞台でした

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

いらっしゃいませ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
俳優
7位
アクセスランキングを見る>>
お気に入りBlog
Blog開設カウンター
ブログの更新率
月別アーカイブ