現在の閲覧者数: 宝塚雪組『エリザベート』 8・5 - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  宝塚雪組『エリザベート』 8・5

宝塚雪組『エリザベート』 8・5

東宝版『エリザベート』は初演から
見ているのですが 
宝塚版は、チケットが取れずに
今回やっと生舞台です!(笑)
3時30分開演・・・
3時15分終演の帝劇『レ・ミゼラブル』
から移動~(笑)

僅か15分で宝塚劇場へ移動完了
席についたのが2分前?
綱渡り状態の予定を組んだので・・(笑)
『エリザベート』開演です!

メイン・キャスト
トート・・・・・・・・・・・・・水夏希
エリザベート・・・・・・・白羽ゆり
フランツ・ヨーゼフ・・・彩吹真央
ルイジ・ルキーニ・・・・音月桂
ルドルフ・・・・・・・・・・・凰稀かなめ
マックス公爵・・・・・・・立ともみ
ツェップス・・・・・・・・・磯野千尋
グリュンネ伯爵・・・・・飛島裕
ルドヴィカ公爵夫人・・灯奈美
皇太后ゾフィー・・・・・未来優希
エルマー・バチャニー・・彩那音 ほか
       (敬称略)

物語はお馴染み 曲もお馴染み(笑)
なのに、演出の違いもあって、
舞台の印象は大きく変わります

トートとエリザベートの恋物語が
前面にみえる舞台
マダム・ヴォルフの扱いも生々しく
扱われていない・・・のに納得
まさしく宝塚版ですね

水・トート
トップさんが、際立ち
魅力的に見えるように・・
作られているのが宝塚作品(笑)
出番が多く歌い踊るトートが
新鮮です
特に踊るトート・・・(笑)
見慣れてる東宝版での
男性トートは 踊ってないですからネ
と~っても新鮮です

白羽・エリザベート
第一声を聞いた時
一路さんに似た歌声の方だな?
との印象をうけたのですが、
宝塚の歌唱方法の故でしょうか
2幕になってからは、似ている印象は
無くなってましたから~

音月・ルキーニ
難しいルキーニ役
キレイに歌うだけじゃなく
芝居を動かしていく狂言まわし
頑張ってますね~
目についたルキーニでした

凰稀・ルドルフ
ちょっと微妙な小どもルドルフ(笑)
青年になっても 
子ども時代のまま?

未来・皇太后ゾフィー
フランツの母にしては
お若い作りですが・・・・(笑)
本当に トップ二人のための
舞台というのが感想ですね
エルマー マックス公爵など
他の登場人物は設定上の縛りも
在ると思いますが・・薄いです(爆)

お名前を覚えるのが得意ではないので
キャスト名を書いていても後日見て
多分お顔を思い出せない(爆)

ザ・タカラヅカ!
キラキラ階段を使ってのレビュー?も
短いけど最後にしっかりありました~♪
大きな羽を付けていたのは、
トップさんだけ・・・・
でもやはりコレをやってくれると
宝塚を見た~の気分になります(笑)

休憩30分を含み 3時間の大舞台ですが、
なぜか 現実感のない・・・
登場人物すべてが コミックの世界の中に
いるような、浮遊感!
これが、現実に根ざした人物を思わせる
東宝の舞台との差のように思えます

実際はどちらも 絵空事で、一瞬の世界 

表情の違う 二つの『エリザベート』
リアル感のある東宝版の方が
感情移入しやすくて 泣けるかも
知れない・・・・・
関連記事
* by hatti
> ラピス さま
コメント有難うございます。
そして、教えていただいて有難うございました
気をつけないといけませんね・・・^_^;

これに懲りずにまたお越しくださいませ








コメント






管理者にだけ表示を許可

> ラピス さま
コメント有難うございます。
そして、教えていただいて有難うございました
気をつけないといけませんね・・・^_^;

これに懲りずにまたお越しくださいませ







2007-08-09 * hatti [ 編集 ]