fc2ブログ
現在の閲覧者数:

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。
 

『ジャンヌ・ダルク』12・7 マチネ

R_231207121809960.jpg
      
     @東京建物BrilliaHall


開場時間には 現地到着したのですが
早くも入場列が・・・

運営のスタッフさん
2列に並ぶよう声を掛けています。

入場口近くに 大看板が
あっても 列のため撮影は
お控えくださいとも・・(笑)
休憩時間が 終演後に
お願いしますって何度も
繰り返してる。
そりゃみんな撮りたいもんね~
終演後にならんで録れた!
R_231207160428551.jpg


入場後 グッズ列も
階段まで到達・・早ッ

パンフだけの売り場がエスカレーター
上がったところにあるのを
思わず確認した

入り口 消毒薬設置と
マスク着用のお願いと
規制退場の復活。


この舞台の演出は
客席通路を使用するので
お荷物など・・の注意も
されて・・

R_231207123843786.jpg

撮影禁止の舞台
でも セットというセットは
見えず 床がむき出し
舞台中央に穴!
奥にすこし高くなった部分が
出てくることも・・・
左右に高く細い梯子のような
ものも見える

確かに通路使用多かった~
前回公演より 増えてない?
兵士たちに 取り囲まれる客席
戦いに巻き込まれているゾ(笑)


出演
ジャンヌ・ダルク・・・・清原果耶
シャルル七世・・・・・・小関裕太
タルボット・・・・・・・福士誠治 
傭兵ケヴィン・・・・・・島村龍之介
アランソン公・・・・・・深水元基
マリー・ダンジュー・・・山崎紘菜 
傭兵レイモン・・・・・・坪倉由幸(我が家) 
サントライユ・・・・・・野坂弘 
クルパン・・・・・・・・ワタナベケイスケ 
ラ・イール・・・・・・・粟野史浩
ヨランド・グラゴン・・・りょう 
ラ・トレムイユ卿・・・・神保悟志 
ベッドフォード公・・・・岡田浩暉
コーシュン司教・・・・・榎木孝明

兵士他・・・・・
進藤ひろし 松上順也 稲葉隼一
嶋村昇次 森野憲一 古木将也
樋口裕司 稲葉まどか

幻影の少年・・・・・・・・岡本拓真

スゥイング
田口太智 竹一穂香 
竹内連太郎 渡邉りょう
     (敬称略)


R_231207121507870.jpg

※当初の出演が予定されていた
傭兵ケヴィン役 荒川飛翔さん
体調不良のため 島村龍之介さんが
ご出演でした 


『ジャンヌ・ダルク』という作品
2014年 有村架純さん

遡って『ジャンヌ・ダルク』
初演は赤坂ACTシアターで 2012年
どちらも拝見しており 掘北真希さん主演でした
話題の主役は舞台経験初!が
話題となりました。
白井さんと中嶋かずきさんのタッグ版

本日の舞台も 主演のジャンヌ
舞台出演は初!の清原さん起用
再演からもかなりのときを経て
キャストは一新 (笑)



ストーリーは 他の舞台でも
同じ2013年に
『ジャンヌ』 世田谷パブリック・シアター
笹本玲奈ちゃんジャンヌ

劇団四季の『ひばり』も 2012年だった・
再演が予定されてます。
もっと古くは 蜷川さん演出の
『ひばり』
こちらのシャンヌは
松たか子さん!2007年 古いっ!
そんなこんなでストーリーは全然OK(笑)

やはり 演じるキャストさんに注目
してしまう

ジャンヌの清原さん
凛として少女らしさも感じさせる
細身で振りかざす旗で
兵士たちを鼓舞する・・

剣をもって戦う
殺陣の鋭さは感じられないけど
信念の強さは見えてくる
男装の少女・ジャンヌでした

シャルル ケヴィン
タルボット・・

りょうさんもいる
神保さん 岡田さん
榎さんが ガッチリと
まわりを固める。

岡田さん ストプでお会い出来るとは
思いませんでした。

シャルル七世を 王位に導き
占領された街からイングランド兵を
追い出し 平和な世を! 

羊飼いの少女が聞いた声は
真に神の啓示だったのか?
ありえないと言いながら
ジャンヌから話を聞いた
タルボットとケヴィンは
ジャンヌと行動を共にし
シャルル王のもとへ彼女を
連れてゆく。

あれよあれよという間に
兵の指揮を任された彼女
奇跡が奇跡を呼び
ジャンヌの勢いは止まらず
神の声の導くままに
ついにイングランド兵を
撤退させる。
この辺の 戦いの場
客席を巻き込み
イングランド兵
フランス兵 入り乱れ
兵士たちは通路を
駆け回る(笑)

シャルル王の戴冠式も
行われたが

シャルル七世の腹心
ラ・トレムイユ卿や
コーシュン司教には
彼女の起こした奇跡が
受け入れられない

ジャンヌの出生の秘密を
探り出し・・
コーション司教は教会のため
異端者であると決めつけ・・・

榎さんコーション司教と
ジャンヌの掛け合いは
聞き所。

白井サン演出の
『ジャンヌ・ダルク』 

何度ものカテコ
スタンディングの舞台でした。 




 

関連記事
Last Modified :
* Category : その他 演劇
*