現在の閲覧者数: 『オセロー』10・14マチネ - hatti元気の素 観劇 ミュージカル

hatti元気の素 観劇 ミュージカル

石川禅さん応援中! hattiの元気の素、舞台観劇日記です。

TOP >  その他 演劇 >  『オセロー』10・14マチネ

『オセロー』10・14マチネ

行って来ました~♪
実は2公演チケットが取れたので
どなたかにお譲りしようかと思ったけど、
皆さん お忙しいようで・・・(汗)
結局、自分で見に来てしまいました

後方席だったのですが、手すりで区切られた
部分の前列 通路を挟んでいるので
前の方の頭がかぶる事もなく・・・(笑)
快適!


彩の国シェイクスピア・シリーズ
『オセロー』
演出:蜷川幸男
オセロー・・・・・・・・・・・吉田鋼太郎
デズデモーナ・・・・・・・蒼井 優
イアゴー・・・・・・・・・・・高橋 洋
エミリア・・・・・・・・・・・・馬渕英俚可
キャシオー・・・・・・・・・・山口馬木他
ブラバンショー・・・・・・・壤 晴彦
***********************
ヴェニス公園の公爵・・・・清水幹生
ロドヴィーゴー・・・・・・・・・手塚秀彰
グラシアーノー・・・・・・・・小田豊
ロダリーゴー・・・・・・・・・・・鈴木 豊
モンターノー・・・・・・・・・・妹尾正文 ほか
            (敬称略)
オセローの話は 皆さんご存知と
思うので、若干ネタばれ気味!
ご注意くださいね~

いきなりの・・・ひそひそ話に始まり
客席で 聞き耳を立てても・・・・
台詞、ほとんど聞き取れませんでした(汗)
みんな ちゃんと聞こえていたのかなぁ~?

吉田オセロー
某雑誌で、 演出家から
オセローは”美しくあれ!”
と指令があったと書いてましたが・・(笑)
美しい将軍でした~
嫉妬に駆られ、激しく苦悩する様が・・・
自制しようとして、抑えられない感情が
激しくて、圧倒されます

蒼井デズデモーナ
台詞がすこしだけ 舌足らずの部分が
見えて 伝わり方が弱い印象ですが
愛らしくて無垢な感じは 好印象です

高橋イアゴー
こう来たかっ!というイアゴー役の
攻め方かも・・(笑)
裏表のある卑劣な奴です!
感情は表にあまり出さず
抑え気味の演技なのに怖さが伺えます
クルクルと態度を変えて人を繰る
心の裏を吐露する部分は どうしても
低い声での台詞になるので
聞き取り難いのが惜しい~
イアゴーの策略から 罪のない者まで
命を奪われて行く・・・・・
捕らわれたイアゴーは、凍りついた
表情で 動かない
しかし その目に流れる一すじの涙は
何を物語るのでしょうか

馬渕エミリア
イアゴーのために、知らずに悪事に加担!
その意味を知った時の、悲嘆ぶりなど
存在感のあるエミリアでした

山口キャシオー
人の良い副官
イアゴーに、見事に騙される
すこしだけ へタレ?(笑)
人の良さ・・・・納得させられます
素直~な感じです

壤ブラバンショー
デズデモーナの父役
オセローを目の敵に・・
そりゃ 娘を取られては・・
無理もありません
出番がすくなくて ちと残念!

舞台セットは、蜷川さん!と思わせるもの(笑)
2階ありの複数の扉が使われ、
暗転しては 鉄骨の階段が組まれ
ここでも扉がしっかりと・・
最後の天蓋のベットも重要な舞台装置
やはり 白!
色彩の使い方が蜷川さんっぽいなぁと
思ったのでした

そして上演時間がと~~っても長い!
13:00開演 15分の休憩をはさんで
終演時間 4時55分だって~(予定)
実際劇場を出たのは5:00は
過ぎていた気がする

シェークスピアは長い・・というより
蜷川作品は長い!というべきかも(笑)
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可